ジッポー1938年、152.50ドル

よく保存された1938年の標本と、価格はかなり控えめです。
販売価格:152.50ドル

以下も参照してください。

タグ: 1938

3件のコメント

  1. solobok(2009年4月8日2時01分)( 返信

    奇妙な挿入。 面取りされた "ushkam"定着フリントホイールと煙突の穴の数から判断すると、戦争の後に挿入。 手前側には何の碑文と、 "カチッ"と音メカニズムPIN - ダンベルを、その後の挿入は50年代、早ければすることができます - 40代後半の。 申し訳ありませんが、カバーの背面側、または挿入のより良い判断を参考に碑文が存在しないことを確認することはできません。 "ネイティブ" 38年にラベルの任意の並べ替えであってはならない。 写真ではよく見えないが、それはピンのフリントホイールは、中空が、固体ではないようです。 もしそうであれば、ホイールは明らかに変化しており、60歳代までではない。 すべての私の疑念は十分な根拠がある場合は、 "非ネイティブ"インサートは完全に控えめな価格を説明しています。 しかし、私は専門家ではないと主張していない...しかし、ジッポー30日に16ホール煙突は会ったことがない前に...そして、傾斜マウント車輪すぎる。 一部の軍人が手動でベベルをしたということです。 時々オークションに見られるこれらの "同調"コピー "黒krekl"。 このため兵士チューニングの戦後事務所につながるとホイールにベベルを作るアイデアに来たことがあります。 このロジックでは、 - その上に親指が良く滑る。 私はそれが "閉"煙突30年代と40年代のような...と驚くほど美しい、ウェッジの炎の形状が...

    1. kypexin(2009年4月8日23時03)( 返信

      はい、あなたはそれがどのように元の挿入を理解することは非常に困難であり、可能性が非常に高いことを彼以降、および修理にあった写真で、右です。

  2. ゴールデン·ジョーカー(2009年4月11日午前19時26分)( 返信

    我々は150ドルが住宅otdaty、NOOOのために純粋だった、私は通常の価格を考えると仮定することができます

コメントを残す