ジッポーContempoの

私たちの使命は、単にライタージッポーContempoのに言及されていません。 ガソリンライター、ジッポー当社はまた、製造およびガスモデル(ブタンライター)製作所 - 誰もが、製品のその "アンカー"に加えていることを知っています。 世界中のこれらの興味深い進展コミュニティジッポーファンに関する最も詳細な情報は、ドイツ、アンディから著名なコレクターに語った。

最初ブタンジッポーは1985年9月発表されました。 それらの特許デス。 284.113は1984年12月10日米国特許庁で登録され、最終的に1986年6月3日発行されました。

全部で18のモデルは、標準(標準)、およびスリムモデル(トリム)として、それらの中に、ありました。 標準モデルはまた、照明管用のガスライターが含まれていた。 ジッポーContempoのは、あなたが碑文日本を見ることができるボトムうちだけ軽くジッポーMFG会社です。 部品および部品が日本製、ビルドが米国で行われたという事実。 しかし、インターネット上の情報源は、ジッポーContempoのの生産が完全に日本に実装されるによると、そこにある。 これはよくジッポーMFG社の受注し、アセンブリを遂行するために、いくつかのあまり知られていないのアウトソーシング会社である可能性があります。 明確な答えは、コレクターの間ではありません。 我々は、それが1986年にそれの特許を発行されたことを知っているので、それは可能性があるということで、ロジックに基づいて、自分自身ライターの開発は、おそらく、会社ジッポーに属している。

ここで軽くジッポー同時に新しいを指し、ニューヨークタイムズからのクリッピングは、次のとおりです。

( - 彼女は軽くそれ)、と指示ジッポーContempoのは、グレーのスエードのボックスがあったその中で、彼らの元の包装で販売。

ジッポーContempoのと同様に、古典的なガソリンライタージッポーに、生涯保証付き:

このシリーズの名前は、おそらくファッショントレンドと時間に基づいて軽量化を受けた。 工学 - "Contempoの"は、最も可能性の高い、現代の言葉の略称です。 近代的な、時間の精神をマッチング。 確かにこれは、一度にガスライター、ガソリンよりも、あまり一般的でなかったし、ギャップを埋めるために、ジッポー、当社製作所という事実によるものであった、独自のブタンライターをリリースすることを決めた。 私たちの以前の記事から、あなたはおそらくすでに同社は、実験が好きだった方法を知っています。

標準モデル(標準)とスリムモデルのフリントの交換は(トリム)が著しく異なっていることに注意してください:

ポジショニングジッポーContempoのは、原則として、また、古典的なガソリンジッポー異なっていた。 ガソリンジッポー場合は最も厳しい条件で働くことができている作業、信頼性の高いライターとして位置づけ量産製品として、より多くの贅沢品のようなジッポーContempoの。 これは、ブタンライターの市場に参入しようとする試みだった。 これは間接的に言っていると、カタログ内の価格は、与えられたことを1980年代後半で販売ジッポーブタン。:

1988年に彼は照明管のモデルを含め、軽量化にレーザー彫刻をご注文の可能性について述べているジッポーセールスフォースのカタログを発行しました。

チューブ用ジッポーContempoのは、より従来型の細長いとは異なっていたし、少しの角度で曲がって "鼻"。 :標準 - 右 "パイプ»ジッポーContempoの、左の下の写真で

ジッポーContempoのの生産は1992年のまわりで中止された。 このプロジェクトを閉鎖するための主な理由は、それ自体が軽く、高コストとそれらの高価なサービスと関連していた。 これにもかかわらず、ライターはジッポーのコレクターやファンの間で非常に人気となっており、他のガスモデルとは違って - ジッポーブルー、需要がまだあるとその賛美者を見つけます。

この記事は、材料に基づいて調製したhttp://www.zippo-windproof-lighter.de

も参照してください:

タグ: Contempoの

    コメントを残す