Kesaharu今井«ジッポコレクションマニュアル、第3巻»

たった今、海から私に別の奇跡日本のジッポー-思考を航海した。 これは、日本シリーズの3冊目Kesaharu今井です«ジッポコレクションマニュアル»。 第一について私が書いきたが 、第二ながら会ったことがないことはない(我々は、ランダムに半年ごとに約コレクターで市場に登場、考慮これらの出版物の希少性を取る必要があり、ほとんどよりしばしば)。 第三は、1994年に来た。

文字通り多忙な情報のいくつかのページ毎平方インチ紙の上に、他のスプレッドはただ一つの大きな写真ジッポーを含める - 私が述べたように、このシリーズの書籍は、純粋な日本のスタイルで作られています。 そして、このすべては、最高品質のものである! 本は "博物館"と呼ばれる7つの部分に分かれています:実験モデルの美術館、博物館広告ジッポー、博物館改修ジッポー、美術館の傑作ジッポー、歴史ジッポー博物館、ジッポーコレクションや新製品の博物館(1990年代初めに両方の時間は新しいで幕を開けた服、時計、ハンドバッグなど) - 主にアクティブなライフスタイルのためのジャンバラヤが含まれていたシンボルジッポーとウェーブ発売予定商品。

本の中で最も興味深いとユニークな部分 - それは間違いなく博物館実験モデルです! 私もジッポが(まあ、私はもちろん、私は知っていたことを意味しますが、私はこの本の中で多くのことを見たのは初めて!)長年かけて作成されたどのように多くの異なるプロトタイプを知らないでしたことがない私の人生インチ 特徴的には、今でも、さらにはインターネット上でこれが発生しないので、私はそれが:)を起こったのか知っているそして、本当に何なのかを見ていない:強く丸みを付けた角を持つ、通常よりも高い2回の場合とプロトタイプジッポー1932、ジッポー、ほぼ楕円形の"後方"反転形、表紙の水平ピン(および方法によって、例えばカバーの異なる形、蓋と本体の間に波線)を介して、インサートに直接取り付けられているジッポー、ホイール付ジッポーし、ふたを開いたときに自動的に直ちに火花を抽出するためのメカニズム、それ以降のモデル銅とアルミニウムのジッポー、パールトリム、1930年代の実験的な彫刻の端部は、さまざまなテクニック、ジッポ、様々な色の着色された塗料...まあ、このすべてを長時間見ることができるとだけ疑問ができますで作られている - これらのすべての事私はいくつかのイーベイを述べないためにも、回収拠点満たしていない、インターネット上の、言ったように、そこだけ1つまたは2つまたは3つのコピーがあり、!

残りのセクションでは、原理的には、主に視覚教材として、また、非常に興味深いものです。 数千、最も多くの場合、1930年代初期と最大1993鎬から年によってソート(!) - ととして本で紹介ジッポーのコレクションは、すべての時間帯で見ることができます! がある場合は、このセクションでは、本のほぼ半分を占めていることを考えるとフリーズ、 - 170ページについて! :)

概要:本はそれは素晴らしいですな限り稀である。 おそらく、これら日本人のエディションには、一般的にジッポーに関するすべての既存の書籍の中で最も有益である(メガ事典ジッポーデビッド·ピュールを除いて、私は後でそれについて教えてください。)

以下も参照してください。

タグ: 書籍

    コメントを残す